ビジネス書や音楽の本など様々なジャンル約1500冊をお譲り頂きました。

  • ビジネス書や音楽の本など様々なジャンル約1500冊をお譲り頂きました。

買取品詳細

買取品目

ビジネス書

音楽の本

商品名

クラシック道場入門

イタリア音楽の旅

オペラの魅惑

かくて昭和史は甦る

ローマ人の物語

ご住所東京都西東京市買取方法出張買取

スタッフから一言

古本出張買取「くじら堂」のスタッフSです。

先日、東京都西東京市のお客様の所へ買取担当のスタッフが出張買取にお伺いして、ビジネス書や音楽の本など様々なジャンル約1500冊をお譲り頂きました。

大量にクラシックやオペラ等の本がございましたのが印象的でした。

オペラは物語性が強いので少し気になっていたジャンルでした。音楽の教科書にも曲と内容が書かれていて、つい授業中に読んでしまいました。色んなオペラがありますが、悲恋等の恋物語が多い気がしました。中学の教科書に乗っていたアイーダも悲しい恋物語でした。写真付きで解説されていて、ラダメスが墓に生き埋めにされているシーンで、そこには永遠に一緒にいるためにアイーダもいたんだと解説に書かれていて、ついその世界に飲み込まれてしまいました。あらすじと写真だけで引き込まれるのだから、そこに音楽が加わったらよりその世界観に魅入られるんだと思いました。

また、オペラとは違いますがクラシックの解説も読んでみると楽しい事がわかりました。その曲のイメージについて知れたこともよかったですが、その作曲者が当時にはどんな心境で曲を作っていたのか解説されている物もあって、そこを知ると聞いたことのあるだけだったクラシックの曲も、もっと気になるジャンルになりました。そして作曲者やその曲の意味を知ってから改めて聞くと、最初に聞いた時と全然印象が違っていてより楽しく聞くことが出来ました。

音楽は聞くことで楽しむ物ですが、それについての本を読み込んだ後に聞いても、ただ曲を聞くだけよりもずっと楽しめるんだなと思いました。

塩野七生の「ローマ人の物語」とは

塩野七生のローマ人の物語は、歴史小説家の塩野七生の手による歴史小説作品です。
何故ローマは普遍帝国を実現できたのか、その視点が執筆の切っ掛けで、ローマの建国から西ローマ帝国滅亡までをカバーする作品となりました。
ちなみに、ローマ人の物語は歴史書として評価される場合もありますが、歴史学者の立場からは批判されることも少なくないです。
ローマ人の物語は全15冊に分かれていて、記念すべき1冊目は1992年に出版されました。
王政ローマ建国からイタリア半島の統一まで、これ1冊にまとめられています。
第2巻はハンニバル戦記ローマ人の物語IIで、ポエニ戦争からカルタゴ滅亡までを含む内容です。
第1巻から毎年1冊を執筆する計画で刊行が行われましたが、見事に計画通りのペースで完結を達成しました。
台湾や韓国といったアジア圏を含む各国でも発行されているので、海外でも塩野七生の名前は知られています。
14巻の時点で単行本が累計約220万部、文庫本が約540万部を達成していますから、塩野七生は名実ともに日本を代表する歴史小説の著者となりました。

お譲り頂いたお客様ありがとうございました。

「くじら堂」はお譲り頂ける本の量が多い場合にはスタッフ複数名、ハイエース複数台、場合によってはトラックでお伺いします。本の状況によりましてはお時間がかかることもありますが、少しでも早く梱包、運び出しを終了することで、お客様の負担が少なくなるよう努めております。

大量の蔵書整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。

お問い合わせ

出張費・手数料0円

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。

WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-29-3199

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日


よろしければシェアお願いします

2020年2月に投稿したくじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くじら堂出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP