政治経済の学術書や専門書を約500冊程お売り頂きました。

  • 政治経済の学術書や専門書を約500冊程お売り頂きました。

買取品詳細

買取品目

専門書、学術書

商品名

欧州におけるポーランド経済

イギリス近代史

アメリカの政治制度

ご住所東京都国立市買取方法出張買取

スタッフから一言

古本出張買取「くじら堂」のスタッフSです。

先日、買取担当のスタッフが東京都国立市へ出張買取にお伺いして、政治経済の学術書や専門書を約500冊程お売り頂きました。

スタッフが買い取ってきた海外の政治に関する本が多い事が印象的でした。

今は朝や夜にニュースを見れば、日本のニュースに混ざって海外のニュースが流れてくるので昔よりもずっと他の国の現状について知る機会が多くなったと思います。特にアメリカは日本と関りが深いこともあって毎日といってもいいくらいにニュースで見ます。そのおかげで学生の頃よりも世界に興味が出てきました。歴史の授業や現代社会の授業でも他の国について学びますが、あまり興味はありませんでした。でも、福祉制度について学んでいた時に世界にも同じような制度があることを知って、でも制度の内容が日本とは異なっているのが気になりました。違いが出るのは、その国だからの理由なのですが、そこからもその国ついて知ることが出来ました。

今回お譲り頂いた書籍には、世界の経済関連の本が多いのですが、正直経済と言われてもあまりよくわかりません。でも今はわかりにくい経済を絵や図が多かったり漫画等で解説してくれる本が増えてきたので、そこから経済に触れていけばちょっとずつでも理解が出来るのかなと思います。そして、学生の頃に学べた制度の違いからわかるその国について知ることが出来ると思います。それはきっと、TVやネットニュースで知った内容とはまた違った印象になる気がします。

学術書の出版社「ミネルヴァ書房」とは

ミネルヴァ書房は京都市山科区に本社を構える出版社です。創業は昭和23年9月で、70年以上の歴史があります。社名はヘーゲルの法哲学の序文に記されているミネルヴァのふくろうから採っています。このふくろうは会社のロゴにも使用されています。事業内容は人文科学および社会学に関する書籍の出版で、書籍は学術専門書や一般書、教科書に分類できます。人文科学と社会学は、思想や歴史、心理学などを含みます。哲学や人文の分野では叢書の形をとったシリーズがあります。
ミネルヴァ書房は読書人の道しるべをキャッチコピーに、ミネルヴァ通信を月に1回刊行しています。タイトルは究で、人文科学および社会学の研究者が筆を執っています。たとえば2019年12月号には、京都大学こころの未来研究センター教授の河合俊雄氏や、静岡大学名誉教授の小和田哲男氏東京大学大学院教授の開一夫氏の連載があります。書店と直接注文の両方で購入することができます。

お譲り頂いたお客様ありがとうございました。

くじら堂では、政治経済や学術書の買取に力を入れております。学術書関連書籍の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。

お問い合わせ

出張費・手数料0円

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。

WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-29-3199

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日


よろしければシェアお願いします

2020年2月に投稿したくじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くじら堂出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP