タクト・ワン社の「蒸気機関車写真集」など鉄道書籍を約200冊程お譲り頂きました。

  • タクト・ワン社の「蒸気機関車写真集」など鉄道書籍を約200冊程お譲り頂きました。

買取品詳細

買取品目

鉄道関連書籍

商品名

・蒸気機関車写真集

・蒸気の時代

・EF57ものがたり

・鉄道黄金時代シリーズ

・D52物語

ご住所栃木県小山市買取方法出張買取

スタッフから一言

古本出張買取「くじら堂」のスタッフSです。

先日、買取担当スタッフが栃木県小山市にお伺いし、タクト・ワン社の「蒸気機関車写真集」など鉄道書籍を約200冊程をお譲り頂きました。

お客様からお譲り頂くときに、並べられた鉄道関連の書籍の多さに、本当に鉄道が好きだったんだなぁと思いました。

色んな種類の鉄道の本がありましたが、中でも蒸気機関車に関する書籍が多かった気がしました。

鉄道模型を集めている人もそうですが、鉄道が好きな人は特に自分が好きな車両についてを中心に集めているように感じました。

中でも蒸気機関車と電気機関車はやっぱり人気で、よくお譲り頂く物に入っています。

自分で写真を撮りに行くほどハマっている方もいました。私も蒸気機関車や電気機関車はかっこよくて好きです。蒸気機関車等は役目を終えた車両を展示してる所もあって、走っている姿を撮るのもいいし、展示された車両をじっくりと見るのも楽しそうですよね。

鉄道車両の「EF57」とは

鉄道車両の「EF57」とは、1940年から1943年にかけて鉄道省によって製造された大型の直流用電気機関車です。製造数は15両で、戦後の国鉄でも活躍し続けました。EF57電気機関車は、東海道本線で優等列車を牽引する目的で開発されました。定格出力は1,650kWで、当時としては最強の出力を誇ります。この電気機関車は蒸気機関車の置き換え用として使用されたため、客車の暖房用に蒸気を供給するための煙管式ボイラーが搭載されていました。「EF57」が引退したのは1977年(昭和52年)で、戦前から戦後の高度成長期を経て多くの旅客列車を牽引し続けてきました。引退後はほとんどの車両が解体されてしまいましたが、7号機のみ栃木県宇都宮市にある宇都宮駅東公園内に静態保存されています。

お譲り頂いたお客様ありがとうございました。

くじら堂では、鉄道関連書籍の買取に力を入れております。蒸気機関車等の鉄道関連書籍の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。

お問い合わせ

出張費・手数料0円

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。

WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-29-3199

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日


よろしければシェアお願いします

2019年2月に投稿したくじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くじら堂出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP