[メトロポリス 完全復元版]等、Blu-ray映画(洋画 邦画)を約600枚程お買取りしました。

  • [メトロポリス 完全復元版]等、Blu-ray映画(洋画 邦画)を約600枚程お買取りしました。

買取品詳細

買取品目

映画のDVDやBlu-ray

商品名
ご住所千葉県稲毛区買取方法宅配買取

お客様の声

人間の証明や遠すぎた橋など

スタッフから一言

古本出張買取「くじら堂」のスタッフSです。

先日、千葉県稲毛区にお住まいのお客様から宅配買取で、[メトロポリス 完全復元版]等、Blu-ray映画(洋画 邦画)を約600枚程をお譲り頂きました。

スタッフが買い取ってきた大量の映画のDVDやBlu-rayが印象的でした。

最近は昔の作品をリメイクしている物も増えていて、その結果当時の作品も見たくなりますよね。特に話題作や有名作品はディスク化されているものが多いので、気軽に観れます。私はお譲りいただくDVDやBlu-rayを見ていると海外の昔のSF作品が気になります。UFOや宇宙人、タイムトリップ等は昔からたくさん作られていましたね。映像技術が進んでいないので一目で手作りとわかる物やベタな姿の宇宙人等もいてちょっと笑ってしまうかもしれませんが、やはりストーリーは面白そうで、ディスクケースの裏のあらすじを読んでみると、ついつい観たくなる作品がいっぱいでした。もしかすると好きで観ていた作品のルーツがわかるかもしれないですよね。

[森村誠一]とは

森村誠一さんは、本格派推理小説の世界で、不動の地位を築いているとも言えるでしょう。大学を卒業した後に、9年ほどホテルマンとしての仕事を行った後に、作家の活動に入ります。1969年に高層の死角と呼ばれる作品で、第15回江戸川乱歩賞の受賞を獲得します。その後1973年には腐食の構造で日本推理作家協会賞、そして翌年1974年には、空洞の怨恨で小説現代ゴールデン読者賞、文化賞を受賞しました。2000年代に入ってもその勢いはとどまることを知らず、2008年には小説道場で加藤郁乎賞、2011年には悪童で吉川英治文学賞の受賞を果たしました。これまでに書いた多くの作品が、映画やドラマで実写化となり、小説好きな人をはじめとして多くの人を楽しませていると言えるでしょう。森村誠一さんの作品の中で、やはり外すことができないものが人間の証明です。1977年に、松田優作さんが主演となり映画化となりました。2011年に放送された韓国版を含めると、なんとこれまでに6本ものドラマが製作されたのです。日本以外でも人気ぶりが伺えます。

お譲り頂いたお客様ありがとうございました。

くじら堂では、洋画等映画のDVDやBlu-rayの買取に力を入れております。DVDやBlu-rayの整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。

お問い合わせ

出張費・手数料0円

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。

WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-29-3199

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日


よろしければシェアお願いします

2022年1月に投稿したくじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くじら堂出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP