「魅惑の真空管アンプ」などオーディオ、無線関係本、約800冊お譲り頂きました。

  • 「魅惑の真空管アンプ」などオーディオ、無線関係本、約800冊お譲り頂きました。

買取品詳細

買取品目
商品名

必ずつくれる真空管アンプ製作集

直熱&傍熱管アンプ

蘇る真空管オーディオアンプ

ご住所神奈川県横浜市買取方法出張買取

スタッフから一言

古本出張買取「くじら堂」のスタッフSです。

先日、出張買取で神奈川県横浜市にスタッフが買取にお伺いし、「魅惑の真空管アンプ」などオーディオ、無線関係本、約800冊をお譲り頂きました。

スタッフが買い取ってきた大量の真空管アンプについての本があったことが印象的でした。

真空管アンプはテレビや漫画で知ってはいましたが、実際に見たことはありませんでした。でも画像で見るだけでもどこか不思議な魅力を感じます。印象的なのはやっぱり使われている真空管でしょうか。丸っとしたフォルムはちょっと可愛いですよね。中身が透けて見えているのも科学の実験のようで面白いですよね。

私はこの真空管アンプを集めている人はインテリアとして飾るのかと持っていましたが、まだまだ現役で使えるんですね。むしろ壊れにくくて長く楽しめるそうです。私は普段から気分転換等に音楽を聞きますが、特に音にこだわりはありませんでしたが雑音が少なくよりクリアに音楽が聞けるならそちらの方がいいですよね。

これから集めるには知識等まだまだ不勉強な部分が多くて大変ですが、いつか一度は真空管アンプを使って音楽を楽しんでみたいです。

真空管アンプとは

真空管アンプとは、大型ステレオスピーカーに搭載されている部品のことを指します。1930年代から1970年代に掛けて製造された国産のスピーカーに搭載されていたもので、直径15cmの真空管を計4本備えているのが特徴です。テレビにも組み込まれており、日本生まれの産業遺産として現在もマニアの間で高い人気を誇っているほどです、現在はデジタル化がなされたものばかりが市場に流通しており、入手するのが困難になりました。国内のメーカーでも1980年に製造中止となっているので、新たに購入する場合は中古品のみしか手に入りません。取り扱っているところは中古オーディオ機器専門店やリサイクルショップが挙げられ、1台約2万から5万円と高額な商品になります。真空管アンプの良さは壊れにくく、クリアな音を発するという点で約50年前の品物であっても良好な状態で使用できるものがほとんどです。レコードプレイヤーと相性がいいという特徴もあります。

お譲り頂いたお客様ありがとうございました。

くじら堂では、真空管アンプについて等の専門書の買取に力を入れております。専門書の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。

お問い合わせ

出張費・手数料0円

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。

WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-29-3199

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日


よろしければシェアお願いします

2021年1月に投稿したくじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くじら堂出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP