「堀口大学全集」など全集や歴史書をハイエース1台分買取ました。

  • 「堀口大学全集」など全集や歴史書をハイエース1台分買取ました。

買取品詳細

買取品目

全集、歴史書

商品名

堀口大学全集

ご住所東京都足立区買取方法出張買取

スタッフから一言

古本出張買取「くじら堂」のスタッフSです。

先日、東京都足立区へ買取担当のスタッフが出張買取にお伺いし「堀口大学全集」など全集や歴史書をハイエース1台分をお譲り頂きました。

スタッフが買い取ってきた書籍のどれもが大切に保管していたことがわかる物ばかりでした。

今は本をネットで読めてしまう時代で、私も少し気になった漫画などをネットの電子書籍で読んでしまう事もあります。でも、専門書や全集は本の装丁が素敵な物もあり、あえて本で買う物もあります。個人的にはどこでも気軽に読める電子書籍もいいですが、1ページ1ページ、ページをめくりながら読書を楽しむのが好きなので、電子書籍よりも本が好きですね。なので特に用がなくてもふらりと本屋さんへ行っては文庫本なんかを衝動買いしてしまいます。

また、今回お譲り頂いたような全集等は箱のケースに入っている物が多く、そういった本を本棚に並べる事が憧れていたこともありました。でも憧れていた子供時代には全集は難しい大人の読み物という感覚だったので読むことがありませんでした。しかし大人になった今なら、読みやすい内容の物なら全集を読破出来るんじゃないかと密かに思っていて、たくさんのお客様からお譲り頂いている全集を見ながら、いつか挑戦しようと計画しています。

特に大事に保管されていたと一目でわかる全集は読んでみたい気持ちが一段と大きくなりますね。

小澤書店の堀口大学全集とは

1892年1月8日に現在の東京都文京区に誕生したのが明治から昭和にかけて活躍した堀口大学であり、詩人として高く認知されていますが他にも歌人やフランス文学者としても活躍し大きな功績を残しています。
フランス文学者でも活躍していた経歴からもわかるように、家庭における通用語はフランス語が用いられるほどフランスに精通していたため、幼い頃からフランスに関する書物を目にしたりフランスをはじめとする海外に足を運んでいました。
そのように東京に生まれながら世界に目を向けて活動しながら堀口大学が手がけた書物の数は多く、三田文学やスバルには小品や短歌が多数発表されていました。
明治44年には父と一緒に海外に拠点を移して尚一層知見を広めた後、大正6年に帰国した後は訳詩集の昨日の花や月光とピエロ、パンの笛といった歌集などを次々と発表していきます。
そのような堀口大学が手がける知性と美しさが両立している特徴的な作品は、堀口大学全集に収められています。

お譲り頂いたお客様ありがとうございました。

くじら堂では、歴史書等の買取に力を入れております。歴史書等の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。

お問い合わせ

出張費・手数料0円

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。

WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-29-3199

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日


よろしければシェアお願いします

2019年11月に投稿したくじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くじら堂出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP