「不沈艦 響の栄光 ひびき会編」などの軍事書籍を約800冊お譲り頂きました。

  • 「不沈艦 響の栄光 ひびき会編」などの軍事書籍を約800冊お譲り頂きました。

買取品詳細

買取品目

ミリタリー関連書籍

商品名

不沈艦 響の栄光 ひびき会編

ご住所東京都江東区買取方法出張買取

スタッフから一言

古本出張買取「くじら堂」のスタッフSです。

先日、東京都江東区へスタッフが出張買取にお伺いして、「不沈艦 響の栄光 ひびき会編」などの軍事書籍を約800冊をお譲り頂きました。

お亡くなりになられたご家族様のコレクションとのことでした。

買取させて頂いたものの中にたくさんの戦艦等の本がありましたのが印象的でした。

戦艦や戦闘機については、アニメや漫画の知識でしかわかりません。それでも海と一緒に写真に写る戦艦や飛んでいる戦闘機はかっこいいなと思いました。特に戦艦は写真だとわかりにくいですが、実際にはとても大きいんですね。普通の遊覧船も大きいので、戦闘中にはいくつもの銃器を装備していたのですから大きいのは当たり前ですが、広い海でもどっしりと構えている戦艦は頼もしい雰囲気があるように感じます。

今は擬人化が流行ってて色んな所から戦闘機や戦艦の擬人化されたキャラクターがいます。やっぱり最初に思いつくのは艦これですが、今の擬人化されたキャラクター達は史実に基づいていたり、装備や設定が凝っている物が多いので、ゲームをしていたり、アニメを見てるだけでもミリタリー知識が増えそうですね。

日本の戦艦「響」とは

1930年の2月21日に舞鶴工作部にて起工し3年後の1933年の3月31日に竣工した後、第六駆遂隊に組み込まれたのが日本の戦艦響です。
響が活躍していた際には太平洋戦争の戦火により3度もの大きな損傷を受けたものの海に沈む事はなく、大きなダメージを受けつつも生き残ったという歴史から不死鳥とも呼ばれています。
このような響は歴史を歩んでいく中で複数回にわたって機銃が追加装備されたり、人員輸送を目的とした航海をするといった活躍をした様子も特徴的な戦艦であり、1943年の1月22日に横須賀にて修理が行われた際には13ミリの機銃が搭載されました。
しかも、搭載された機銃は連装機銃であったため複数の敵に対抗できるという強みを得る事になり、一隻の響で敵が送り込んだ数多くの戦艦などと戦う事が可能でした。
終戦後は起工した舞鶴にて武装解除が行われた上で復員輸送艦として新たに活躍し、合計14回にわたって復員輸送を行いました。

お譲り頂いたお客様ありがとうございました。

今回当店で買い取らせて頂いた、故人が大切に収集した戦闘機や軍記などのミリタリー関連書籍等のコレクションは大切に扱い、次の方への橋渡しをさせて頂きます。
これも一種の形見分けと考え、「くじら堂」では遺品整理、遺品買取をさせて頂いております。

くじら堂の査定員は遺品査定士の有資格者であり、故人の大切にされていたコレクションをしっかりと買い取らせて頂きます。

故人のコレクションの整理をお考えの方がいましたら「くじら堂」にお任せ下さい。

お問い合わせ

出張費・手数料0円

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。

WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-29-3199

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日


よろしければシェアお願いします

2019年11月に投稿したくじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くじら堂出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP