[近代の再構築]等、思想哲学関連本を約400冊買取りしました。

  • [近代の再構築]等、思想哲学関連本を約400冊買取りしました。

買取品詳細

買取品目

思想、哲学本

商品名

心と身体の哲学や権利論など

ご住所埼玉県さいたま市買取方法出張買取

スタッフから一言

古本出張買取「くじら堂」のスタッフSです。

先日、埼玉県さいたま市にお住いのお客様の所へスタッフが出張買取にお伺いし[近代の再構築]等、思想哲学関連本を約400冊をお譲り頂きました。

スタッフが買い取ってきた本が心や精神に関する本が多いことが印象的でした。

中学や高校の図書室の新書コーナーによく思想哲学や精神論に関する本が置いてありました。タイトルが難しそうだったり、新書サイズということで学生時代には特に興味もなくどんな本が置いてあったかも知りませんでした。しかし、今の思想哲学等の難しそうな専門書はタイトルからはわからない本も増えていて、ついタイトルが気になって本屋の新刊の棚から手に取ってパラパラと読んでしまう事もありました。また最近はもっと読みやすいように漫画で描かれている本も増えましたね。初めてのジャンルの本を読む時の入り口が漫画からだと内容がスッと頭に入ってきてサクサク読めるのが嬉しいですよね。

せっかくの読書の秋ということで、学生時代には読まなかったジャンルの本を読んでみるのもいいかもしれません。

[法政大学出版局]とは

法政大学出版は正式名称を一般財団法人法政大学出版局といい、1948年12月に設立されて現在に至ります。
位置づけは法政大学の出版部で、正式名称にもあるように株式会社ではなく一般財団法人となっています。
取り扱っている書籍は主に法政大学の活動に関連するもので、中でも研究書シリーズに力が入っている傾向です。
また翻訳書も評価が高く、教科書と共に精力的な出版が続けられています。
法政大学出版の誕生は法政大学創立70周年の記念事業が切っ掛けで、1948年に前身の法友会出版局が設立された形です。
その後1963年に法政大学出版局と名前を変え、1969年に港区の麻布校舎に拠点が移りました。
しかし校舎の売却が決まったことで、1984年に元いた市ケ谷キャンパスに戻っています。
法政大学出版は法政大学の本体との繋がりこそ深いですが、組織や財政は独立しているのが特徴です。
この為、理事長が大学本体から迎えられたりはしているものの、独自の運営で出版が行われています。

お譲り頂いたお客様ありがとうございました。

くじら堂では、思想哲学に関する本の買取に力を入れております。思想哲学関連書籍の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。

お問い合わせ

出張費・手数料0円

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。

WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-29-3199

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日


よろしければシェアお願いします

2021年11月に投稿したくじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くじら堂出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP