クラシックCDなどCD類を約600枚買い受けました。

  • クラシックCDなどCD類を屋久600枚買い受けました。

買取品詳細

買取品目

CD

商品名

モーツァルト

プラームス

バッハ

ご住所埼玉県飯能市買取方法出張買取

スタッフから一言

古本出張買取「くじら堂」のスタッフSです。

先日、埼玉県飯能市にお住いのお客様の所へ買取スタッフが出張買取にお伺いし、クラシックCDなどCD類を約600枚をお譲り頂きました。

スタッフが買い取ってきた様々なクラシックCDがあった事が印象的でした。

あまり歌詞のない音楽を聞かないのですが、クラシック音楽は色んな場面でBGMとしても使われているので、知らない間にわかるようになっていた曲もあります。また、歌詞がないからこそ、その曲を表現する方法が楽器の音色だけになりますが、それが演奏している楽器や演奏者によって、雰囲気が異なることを知って驚きました。同じ曲でもピアノだけでの演奏と他の楽器と合わせた合奏だと迫力もそうですが、その曲の印象が全然違いました。ピアノやバイオリン演奏でも演奏が違うと同じ曲なのに違った曲に感じるから不思議です。

歌詞がないからこそ、曲のイメージを自分で決められるんだと思います。もっといろんなクラシックを聞いて、自分だけのBGMを作れたら楽しいですよね。

楽器の「ホルン」とは

ホルンとは金管楽器の一つです。昔は動物の角やほら貝から作られていました。ホルンの形状は昔はシンプルな構造でしたが、現在はうずを巻いたようなっている円錐形の部分とローター式のバルブ部分からできています。ホルンは金管楽器の中では中音域の音が出ますが、管長は他の低音の金管楽器よりも長いです。ホルンはさらに分類することができ、単一調のシングルと音調が2つあるダブルがあります。シングルの方が軽くて扱いやすくなっていますが、管が長く高音の部分でミスしやすいです。ダブルの方がホルンの中では主流になっています。親指のレバーで二種類の調性を切り替えます。金管楽器ではありますが、柔らかい音色を出すので木管楽器ともよく調和します。多彩な音色を出すので作曲家にもよく好まれ、オーケストラでも出番の多い楽器です。ただ吹いて演奏するだけでなく、手をベルの中に入れて音を作ったりします。音程を微妙にコントロールできるのも特徴の一つです。

お譲り頂いたお客様ありがとうございました。

くじら堂では、クラシックのCD等の買取に力を入れております。CD、音楽関連の本の整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。

お問い合わせ

出張費・手数料0円

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。

WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-29-3199

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日


よろしければシェアお願いします

2020年6月に投稿したくじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くじら堂出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP