乗り物の本や水木しげるの本・DVD・グッズをハイエース1台分お売り頂きました。

  • 乗り物の本や水木しげるの本・DVD・グッズをハイエース1台分お売り頂きました。

買取品詳細

買取品目

実用書

DVDBOX

商品名

妖怪大画報

妖怪百物語絵巻

北斎妖怪百景

のりもの絵本

ゲゲゲの鬼太郎DVDBOX 90年代、60-70年代、1985年

ご住所埼玉県所沢市買取方法出張買取

スタッフから一言

古本出張買取「くじら堂」のスタッフSです。

先日、埼玉県所沢市にお住いのお客様の所へ、買取担当スタッフが出張買取にお伺いし乗り物の本や水木しげるの本・DVD・グッズをハイエース1台分お売り頂きました。

大量に水木しげるや妖怪関連の書籍がございましたのが印象的でした。

やっぱり、日本妖怪に関する書籍は水木しげるの名前が多くありました。今もリメイクされているゲゲゲの鬼太郎のアニメが放送されていて、たくさんの人が水木しげるとゲゲゲの鬼太郎の名前を知っていると思います。

私も鬼太郎はアニメを見ていて知っていました。基本的にホラーは苦手なのですが、鬼太郎は恐い部分もありますが、少年漫画のように妖怪とのバトルシーンがあって、あまり怖い印象もなくて、楽しく見ていました。しかし、原作に近い初期の鬼太郎や原作マンガの鬼太郎を初めて知った時はちょっと怖かったですね。出てくる妖怪が不気味雰囲気や怖い姿をしていて小さな頃に見ていたら、少しトラウマになっていたかもしれません。それは今の綺麗な絵の鬼太郎に慣れているせいかもしれませんが。

水木しげる本人の体験を元にした作品や鬼太郎以外の作品も見ましたが、どの作品も水木しげるだとすぐにわかる作品ばかりで、印象に残る物ばかりでした。それは絵だったりストーリーが印象的だったりして、パラパラ読んだだけのページのコマがずっと頭に残ってたりします。

興味本位で数ページ読んだだけでその世界に引き込まれのだから、水木しげるの作品がどれほどすごい物ばかりなのかが、よくわかりました。

「水木しげる」とは

水木しげるは、ゲゲゲの鬼太郎をはじめとする日本に妖怪文化を根付かせた、妖怪漫画を描いた第一人者です。1922年に大阪で誕生して、父親の故郷である鳥取県境港市で育ち、家政婦の老婆から妖怪の話を聞かされて、死後の世界や妖怪に興味を持ち始めたことがきっかけです。
1943年に太平洋戦争に招集されて、南方の激戦地でマラリア発症により片腕を失う壮絶な体験を経て無事に帰国しました。その後、見合い結婚をして貧困に苦しみながら貸本漫画などを描き続ける日々を送っています。暗い作風が敬遠されて得意とする妖奇ものを描くことを希望しても、なかなか出版できずに生活に苦しみますが、1965年にテレビくんが第6回講談社児童まんが賞を受賞したことから、ヒット作品が出て一気に日本を代表する漫画家になります。
ゲゲゲの鬼太郎は複数回アニメ化されるなど妖怪ブームを巻き起こしました。又、2012年には妻によるエッセイをドラマ化された朝ドラが放送されて、その生き様が多くの人に共感を呼びました。水木しげるは2015年11月に死去しましたが、その後も多くの人の心に残り、作品も後世に受け継がれるほどの人物です。

お譲り頂いたお客様ありがとうございました。

「くじら堂」はお譲り頂ける本の量が多い場合にはスタッフ複数名、ハイエース複数台、場合によってはトラックでお伺いします。本の状況によりましてはお時間がかかることもありますが、少しでも早く梱包、運び出しを終了することで、お客様の負担が少なくなるよう努めております。

大量の蔵書整理をお考えの方がいましたら、ぜひ「くじら堂」にお任せ下さい。

お問い合わせ

出張費・手数料0円

蔵書の整理の際はお声がけ下さい。

WEBからのお問合せ・ご相談・お見積りは無料です。メールフォームに写真を添付していただくと大よその査定額をお伝えできます。

買取依頼・ご相談はこちら

お電話からのお問い合わせは 0120-29-3199

受付時間:9:00~18:00定休日:月曜日


よろしければシェアお願いします

2019年12月に投稿したくじら堂の記事一覧

この記事のトラックバックURL

古本買取くじら堂出張買取対応エリア

関東を中心に承っております。詳しくは対応エリアをご確認ください。

PAGE TOP